高校を辞め、仕事にもつけず、何か自分にできることを探したいと思い、応募しました。

芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。

 

芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。

 

オーディションや、レッスンは、楽しかったし、何か自分のなかで見つかることがあるかもしれないと頑張って通っていた

音楽や、芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。勉強ではわからなかった学びを受けたくて受けました。詳しくは覚えていませんが、面談と、詩の朗読をマイクの前でしました。谷川俊太郎の「いのち」でした。一通り読み終えて終わりでした。面談は、履歴書を見ながら、今までの経験を話すということをしました。朗読の良し悪しについては何も説明がなく、合否がきた感じでした。

 

そして、レッスンに通ってくださいという知らせが来るようになり、専用HPから予約を取り、その通りスタジオに行き、色々やったりしました、そういう流れになります。オーディションや、レッスンは、楽しかったし、何か自分のなかで見つかることがあるかもしれないと頑張って通っていて、外へ出ていくきっかけにもなりましたが、結局、悪徳業者で、お金だけ取られてしまったので、(そのような仕事は何ももらえなかった)今後、そのような場所には、気軽に応募しないようにすることにしました。若い人の夢を狙う業者がいるということに憤りを感じました。今後は、地に足をつけた仕事を続けるつもりです。

 

将来も、自分にできる程度の生活と仕事を維持して、持続させて、自分の趣味は、インターネットでしてみたり、ポツポツする感覚でやりますので、オーディションなどは受けません。仕事も今決まった会社に行っているので、面接なども受けません。仕事を変えることも考えていません。社会勉強をすることにしています。ちゃんと調べてオーディションへ行くことにしましょう。悪徳なところはたくさんあると思います。もしも、自分で音楽やダンスや、その他の芸術活動がやりたい意思があれば、今は自分で発信できる時代なので、自分の力でやってみる方がいいかもしれません。他のいろいろな方法を考えてみましょう。正当な芸能の才能を見るオーディションを望みます。若く、疑いを知らない子たちの夢を潰すような場所になってはならないと思います。

 

もともと俳優業に興味があり、
進路について考えていた時期にたまたまこのオーディションのことを知って一度応募してみようと思いオーディションを受けました。

流れとしてはまずは受付を済ましそのあと応募者に対して当日のオーディションの流れの説明が10分ほどあったあと、企業についての説明やその事務所に所属している有名タレントについての紹介などが30分から1時間ほどありました。その後応募者一人一人に台詞の書かれた紙が渡されて面接兼演技審査がありました。この時はどういうタレントになりたいかや今憧れてる芸能人などを聞かれたあと、渡された台本の通りの芝居をしそれを審査してもらいました。

 

そらが終わると結果は後日発表ということで、そのまま帰宅になりました。人生で初めてのオーディションだったのですごく緊張した記憶があります。ただ自分自身新しいことにチャレンジしてみたいと思ってたのですごく良い機会だったと思います。そのオーディションを機に自分は役者という柄ではないなと気づいたので今後オーディションを受けるつもりはありません。もしオーディションを受けるか受けないか悩んでる人がいるなら一度挑戦してみたらいいと思います。そうすることによって新たな発見があると思うので。

 

撮影会モデルをやりたいと思い、ネットの検索などで評判の良い、自分にあった撮影会を探し、こちらが良いと思ったのでオーディションを受けました。

携帯から写真(顔アップ、バストアップ)の写真と身長体重、年齢、職業などの最低限の情報を送る→その審査に通ったので、実際にスタジオで面接→仮撮影→合格という流れでした。写真は前述のとおり携帯での自撮りなどでOKで、エントリーもすべて携帯から行うことができました。面接では芸能活動経験の有無や、ほかのタレント事務所などに所属していないか、などの質問を受けました。

 

仮撮影は私服、スタジオ側が用意した衣装(アイドル系衣装が大半)での白ホリでの撮影でした。撮影会モデルをやりたいという気持ちは強かったのですが、正直そこまで容姿に自信があるわけではなかったので不安でしたが合格し嬉しかったです。(書類の段階で不合格になる方もいらっしゃるそうです)オーディションを受ける予定や夢はあります。年齢的にアイドル路線の撮影会モデルなどは厳しいと思いますが、カタログや同年代向けの雑誌などのモデルは続けて行きたいので。なお現在もモデル関連の派遣企業に在籍はしていますので、そちらからもモデルのお仕事をしたいと思っています。とにかくエントリーしてみてください。

 

そうしないと何もはじまりません。もし、不合格になっても、あなた本人の容姿などに問題があるわけではなく、オーディション先が求める人材と一致しなかっただけです。自分の魅力をよく理解し、自信を持って臨んでください。実年齢よりも見た目年齢を重視したモデル募集が欲しいです。

 

知り合いにオーディション参加を勧められたため。

芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。

 

業界では少し知名度がある方だったのも大きな動機の1つです。

またビューティーキャンプに参加し、美容について学びたいと思ったため。1次審査では書類選考となる。自身のプロフィール(身長・体重・スリーサイズ記載)、応募した動機、自己PRを記載する。また、上半身、全身の写真を同封する。2次審査では、ウォーキング審査がある。2次審査前にウォーキング講師より簡単なウォーキングとポージングのレッスンが行われる。

 

その後、別日に審査が行われる。2次審査では、部屋に1人で通され審査員の前でウォーキングを披露する。また、自己アピールと1つの質問をされるためそれについて回答を行う。審査員は数人いてランダムに質問をされる形式。最後の1人まで終わると全員で部屋に入り、数人の列になって集団でウォーキングを実施する。2回オーディションを受けたが、2回とも本選まで行くことができた。自分をどのように見せたら美しく見てもらえるのかを常に考えていたため、表現力を身に付ける経験ができたと思う。最終オーディションより年齢を重ね、ライフスタイルも変わったため現在はオーディションを受ける予定はないが、将来環境が落ち着き、自分と向き合う時間が増えればもう一度”美”のためにオーディションを受けたいと思う。

 

自信がなくても後から自信はついてくる。まずは、オーディションを受けてみなくては始まらないので第一歩を踏み出すことが大切だと思います。また、良いところも悪いところも自分にしかわからないので、自分と向き合い、好きになってあげることで自分をどう表現していけばよいか思いつけると思います。

 

 

どうしても出演したいと思ったのでオーディションを受けてみました。

すごく狭い範囲の女優志望でした。ネットでオーディションがあることを知り、応募フォームに写真データを送信したのが書類審査ということでした。それを通過し、後日事務所でのオーディションを受けました。そこでは、簡単な自己PRを求められたので、「一人時代劇」をしてみました。当日その場にいたのは、当時の自分(22歳)よりずっと若い、10代半ばくらいの女の子が5?6人で、彼女たちがどんな自己PRをしていたのかは分かりません。

 

女性2人が審査をしてくれて、全員の自己PRが終わるとすぐに結果を告げられました。演技の学校に入って実力をつけた後、事務所所属を考えるという結果でした。当時は「そんな演技の学校に通うお金はない!」と思い諦めてしまいましたが、今思い返せば、チャレンジしておけばよかったなと後悔しています。

 

今はもう、芸能界とは全く無縁の人生を過ごすことで落ち着いているので、オーディションを受ける予定はありません。思い切り自分をアピールして、多少のリスクには目をつむって挑戦してみてください。中途半端だと後で悔やみます。

 

 

芝居に興味があり、舞台に出演したいと思い、応募しました。

主演が舞台業界では少し知名度がある方だったのも大きな動機の1つです。まず、自己PRがありました。その後、演出家よりシチュエーションの指定があり、そのシチュエーションに沿って、アドリブで演じました。台本やセリフはなく、思い思い、それぞれが演じました。実技審査の後は、演出家から自分が考える芝居について話がありました。実技審査で与えられたシチュエーションは「乗っている飛行機が墜落する」というものだったのですが、多くの人が悲鳴をあげたり、泣いたりしていました。

 

しかし、実際は恐怖のあまり声が出せなかったり、自分が死ぬことを感じ、家族に遺書を残すのではないかという内容も含まれていました。オーディション自体には落ちてしまいましたが、演出家の方が経営している芸能事務所に所属しないかという話が後日ありました。今後も、機会があれば舞台に立ちたいと思います。ただ、過去に受けたオーディションの中には、集客力だけで合否を決めている団体などもあったので、事前に主催側の情報を収集したいと思います。

 

周りがこうしているから自分もこうしよう、もしくは、逆に目立つために周りとは違うことをしてやろうと思わない方がいいと思います。芸能界は正解がない世界だからです。合格したいという気持ちがあるのは当たり前ですが、スタートは合格してからですし、上手・下手というのではなく役に合う合わないという基準で合否が決められることも多いです。

 

面接当日に合格が伝えられる。別日に歌唱、ダンス審査があり
1人ずつ歌唱審査をし全員終わった後合格発表があり合格者だけがダンス審査へ進める。

振りを覚えグループごとにダンス審査。その後ダンス審査合格者は写真を撮りその日は解散となる。1ヶ月程レッスンしグループごとにセレクションがあり合格者がメンバーとなる。親になかなか相談出来ず、締め切りギリギリまで悩んで応募したが書類審査で落選した。諦められず2回目受けたが書類審査で落選した。

 

現在も歌やダンスが好きで趣味でやっていて、そっちの道に進みたいと思うことはあるが年齢的にも難しく、今後オーディションを受ける予定はない。親に相談出来なかったり、受けたいけど…と悩んでいる人が多いと思います。私もなかなか相談出来ずギリギリで応募して落選して次受けようと思っても年齢制限あり、当初は早くから受けていれば良かったと後悔しました。後悔するより受けた方がいいと思うのでまずは応募してみてください。

 

 

オーディションに受かり特待生になると、半年間の授業料が免除でレッスンを受けられるので。ネットで申し込みをし、返信メールで詳細がきました。

芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。

 

受験番号、オーディションが終わるまで付けていました。

当日は受付で受験番号と年齢が書かれたホワイトボードを受け取り、首から下げて、オーディションが終わるまで付けていました。受験番号順に席に座り、注意事項やオーディション内容の確認、ここでやっぱり辞められる方は出て行ってくださいってことでした。その後個室に1人ずつ呼ばれ、先に歌のオーディションでした。それが終わり、両方受ける人は残ってダンスのオーディションをして帰宅、という流れでした。

 

結果は落ちました。全国で一桁しか受からないほど、倍率は高いものだったみたいなので、レッスンも何も受けたことがない素人の私が落ちたのは仕方ないのかと思う一方で、やっぱり悔しいし、悲しかったです。ーディションを受ける予定は無いですが、年齢制限があるものが多いのでもう受けられないかな。でもギター片手に歌ってる女性歌手を見ると、未だに憧れます。

 

可能であれば、レッスンを受けて練習をしてからが良いと思います。あとは、事務所の養成所やスクールなどの直営のオーディションだと受かった後所属が決まるので良い気がしました。地方でのオーディションも増やしてほしいです。年齢制限も男性に比べて女性は若いので、年齢の幅を広げてもらいたいです。

 

 

小さい頃から専門的に音楽を学んでいて、学生時代に自分の実力を試すために恩師に勧められたコンクールに挑戦しました。

そのコンクールは、予選・本選・全国大会を半年にかけて進める長い期間のものでした。課題曲は特になく演奏時間だけが決まっていて、各自自分の得意なものを演奏して良いよいうタイプなのですが、かえって何が良いか色々悩んで選んだ記憶があります。決められた時間にホールに行き、リハーサルはなく、プログラムの番号順に一人ずつ演奏しました。

 

会場には一般のお客さんと審査員の先生方が座っており、とても緊張感のある雰囲気のなかそれぞれが熱のこもった演奏を披露し、その日のうちに結果が張り出されました。結果を待つ間は、もう何をしても無駄だからと、友人と気晴らしにカラオケに行ったりして…良い思い出です。その時の自分の実力を試すという意味では、とても良かったと思います。

 

自分が思っているよりも良い結果を貰えたので、嬉しかったです。今現在もピアノは続けていて、指導者という立場でもありますが、自分自身はもうオーディション・コンクールの類はやらないかなと思っています。自分と向き合って、自分自身を高める良い機会だと思うので、後悔がないように真摯に取り組んでほしいと思います。当時働いていた職場で舞台俳優さんや演劇の仕事をされている方が多数いて話を聞いたり実際に殺陣の演技を習い仕事でパフォーマンスしていくうちに、演技とゆうものに憧れてやってみたいな、とゆう気持ちが沸いてきたから。

 

最初はプロフィールや自己PR、全身の写真などを書いた書類を送って審査の結果、合否がきます

書類審査に受かると面接と簡単な演技審査がありました。面接では、書類に書いたような簡単なプロフィールや自己PRをまずはなし、どんな経験があるかや志望動機も聞かれます。憧れている有名人についても聞かれました。そのあとは、軽く演技の審査がありました。私がしたのは『合否発表を見に行き結果を友達に報告する場面』とゆう設定でしたので何の合否発表なのか、どこの場面から始めるのかなど、いろいろ考えて瞬時に対応しなければいけなかったので緊張しましたが、面接自体は軽い感じでした。

 

最初から最後まで緊張しましたが、いい経験だったと思います。極度のあがり症なので演技自体は、力を出せなかった気はしますがタレントが向いてると意見もいただけたので良かったです。

 

 

一度は受かってレッスンも行かせていただいたりしましたが当時は本職と育児との兼ね合いもあり続ける事が困難になってしまい断念してしまった事ですし年齢も年齢なのでもう芸能系のオーディションは厳しいなと思ってます。将来に関しても不安だらけなのでゆっくり何がしたいか一から考えていきます。

 

緊張するなといっても絶対緊張しますし、一度深呼吸して落ち着くのがいいと思います。全力を出せずに後悔するより全力出して当たって砕けたらだめですがそんなノリでいけるのがいいかもしれません。小さい頃から歌って踊るのが好きでテレビやステージを見て自分もキラキラしたアイドルになりたいと思ったから。まずWeb又は専用用紙で応募し書類審査がある。書類審査合格者のみに電話が来て面接審査が行われる。面接は横並びで個人面接。

 

以前からある有名人に顔が似てると言われていて彼氏に勧められて応募

芸術活動の、本物に触れてみたいと思う気持ちもありました。

 

オーディションはグループで行われていて名前、年齢、誰に似てると言いました

もしてもらってオーディションを受けることを決意しました。まず写真付きのメールで応募しました。しばらくするとテレビ局の方から集合日時、場所などオーディションの詳細が書かれているメールが返信されてきました。当日集合場所には多くの方が集まっていて、並んでテレビ局の中に入りました。入る際は届いたメールを係りの方に見せました。

 

まず大部屋の楽屋に通されて、そこから呼ばれてオーディション会場に向かう流れでした。オーディションはグループで行われていて名前、年齢、誰に似てると言われるかを言いました。グループでオーディションした周りには本当にそっくりな方がたくさん居て、わたしは雰囲気が似てる程度なんだなと思いました。前回のオーディションで自分はそこまでじゃないなと思ったので、今後オーディションを受けることは考えていないです。当日集合場所には1人の方もいらっしゃいましたが、待っている間は心細かったので出来れば同伴者がいたほうがいいかもしれないです。

 

 

小さい頃から芸能界に少しだけ憧れを持っていたから

友達が芸能関係の事務所に所属していて、なんか羨ましいし、小さい頃からジャニーズとか見て芸能界に少しだけ憧れを持っていたから。自分が受けたところは特殊なのかな?って思ったのですが、オーディション受ける人は30人前後で、そのうち歌手志望以外の20余りを4グループに分け、各グループで所々セリフが決められた台本を元に1つの劇を作るという内容でした。

 

初対面の人とコミュニケーションをとり、協力し合うという点ではかなり難しかったです。また、個人面接では全員の前で自己紹介、特技、台本読み、ウォーキング、などでオーディションと聞いて想像するような内容でした。自分みたいな軽い気持ちで受ける人や、本気で芸能界目指している人との違いを目の当たりにして、生半可な気持ちでオーディションは受けるものじゃないなと思いました。

 

年齢的にも芸能界に入るというのは難しくなってきていると思うので、大人しく大学生活を過ごそうと思っています。初めて受ける人は、適当に1つ行ってみるといいかもしれないです。その場の空気感だったり、周りの実力の基準(?)を見ておくとこんな感じなのか、とか周りと比べてここが勝ってるな劣っているなというのが分かるため、対策や緊張など様々な点で有利になるかと思います。

 

 

まず写真や自分の個人情報、志望理由などを記入してメールでエントリー

もともと韓国の音楽や映画、ドラマが好きで、韓国の芸能界に憧れを持っていたので、自分も韓国で活動したいと思ったため。まず写真や自分の個人情報、志望理由などを記入してメールでエントリーしました。
その後、オーディションが行われる日時と場所が通知されます

 

当日会場に着いてから、再度手書きでエントリーシートを記入しました、あとは番号のシールを自分に貼り付けて、待合所でしばらく待機しました。自分の順番が回ってくると、8人くらいを1グループとして会場となる部屋に案内されます。そこで、歌を30秒ほど歌うように指示されました。残念ながらオーディションには合格することはできませんでしたが、海外芸能事務所のオーディションに参加できたことはなかなか面白い経験になったのではと思っています。

 

将来オーディションを受ける予定はありません。大学院を卒業後就職して、一般企業で働こうと思っています。オーディションを受ける際はどうしても緊張してしまいます。おそらく緊張するなという方が無理なので楽しくやれるよう心がけてみてください。

 

声優としてデビューしたく、養成所に通っていた。
年一回所属のためのオーディションがおこおなわれていた。

事務所に所属するためと、自分の腕試しのために受けた。オーディション会場に入室したら、まず名前をいう。続けて、自己PRを行う。なお、自己PRには時間制限があり、時間オーバーすると、その場でky妖精的に終了となる。自己PRが終わると、その場で渡された文章を初見で読み上げる。最後に、前もって知らされている課題を行う。

 

その課題とは、テーマだけが与えられ、それに沿った一人芝居を考えておき、当日披露することだ。この課題にも時間制限があり、自己PRと同じく、時間オーバーした時点終了となる。これで、オーディションは終了となった。オーディション結果は、所属とはならなかった。やはり、やり直しのきかない状況でかなりの緊張を強いられる。特に時間制限が設けられている課題に対し、早く終わってしまう傾向が多かった。

 

現在のところ、オーディションを受ける予定はないが、もしそのような人が身近にいた場合、少しでもアドバイスなどができればと思う。自己PRについては、自分自身の分析をしっかりとすること。どれだけ自分を客観視できるかが大切となってくる。あとは、人に見られることに慣れておくこと。普段と違う状況になると、いつもはどうでもないことが、とたんにプレッシャーになってしまう。緊張は自信がないように見えてしまう。常日頃の練習が大切だ。

 

ミュージックプラネット